サイトメニュー

いざという時のために

女性 過去にうつ病やパニック障害を患っていた人や現在治療中の状態でも、条件を満たしていれば加入出来る保険が増えており注目されています。これらの病気中でも入院中でなければ加入出来る保険を引受緩和型と呼び、ネットや電話で資料請求が可能です。

詳しく見る

加入しやすい会社を選ぶ

女性 最近ではうつ病の症状があっても加入が出来る保険が増えており、いざという時の怪我や入院に対応出来るのでオススメです。引受基準が緩和されているタイプのものから、現在の健康状態を無告知で入れるものまであります。

詳しく見る

心の病になった時の対応

診察 生命保険はうつ病の問題にも対応できるサービスですが、利用するプランによって受けられる支援が変わります。利用しやすい生命保険のサービスを使っておけば、うつ病になって働くのが難しくなった時も問題なく対応できます。

詳しく見る

入院給付金が受け取れる

ハート

高額療養費制度を利用してみよう

憂鬱な気分が2週間以上続いていたり、集中力や意欲が低下して、仕事や学業、家事などに支障が出たりしている人が増えています。うつ病が疑われる場合は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診して、問診やカウンセリングを受けることが大事です。病気が診断されると、休職や休学が必要になるため、経済的な不安を感じている人がほとんどです。うつ病の治療は基本的には、保険適用が受けられるので、健康保険に加入をしている人は3割負担で治療が受けられます。抗うつ剤や抗不安薬などの内服薬も保険が効くので、薬の量が少ない場合はあまり高額になることはありません。うつ病の症状が重く、日常生活に支障をきたしている場合は、ストレス環境から離れることも大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、十分に休養をしたり、治療に専念するために入院を勧めることがあります。入院が長引くと医療費がかさんでしまうと悩んでいる人も多いです。医療保険に加入をしている場合は、入院給付金を受け取ることが出来るので、経済的な負担を減らすことが出来ます。高額医療費制度もあるので、払いすぎた医療費が戻ってくる可能性があります。市役所の窓口で相談をしてみると良いでしょう。申請のために必要な書類や、医師の診断書、病歴などを記入した書類の提出が必要です。手続きをする時は、お金を振り込んでもらうための銀行口座なども必要です。会社の健康保険に加入をしている人は、けんぽ協会の公式サイトから、必要な書類をダウンロードできます。けんぽ協会に足を運ぶ必要がなく、郵送でも手続きが出来ます。

うつ病は内服薬が大変有効ですが、良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気です。精神神経科の病院で投薬やカウンセリングを続けて、十分な休息や休養を取ることも大事です。病気が診断されてしまうと、経済的な不安を感じている人が増えてきます。うつ病の治療で、週に1回や2回通院をしていたり、薬の量が多いと負担を感じたりしている人が多いです。経済的な負担を減らしたい場合は、自立支援医療の手続きをすると良いでしょう。申請をするためには、医師の診断書や申請書、同意書などの提出が必要です。一定の基準を満たしている場合は、自立支援医療の対象になるので、医療費は1割負担になります。障害年金を受給していない人も、申請が出来るので、市役所の窓口で相談をしてみると良いでしょう。通院をしている病院の受付や、ケースワーカーに相談をしてみることが大事です。健康保険に加入をしている人は、自立支援医療の手続きが出来ます。一定の審査基準を満たしている必要がありますが、審査に通ると受給者証を発行してもらえます。薬代の負担が減らせるので、安心して治療に専念することが出来ます。うつ病に罹ると、健康な人向けの医療保険には加入をするのが難しくなります。引受緩和型医療保険は、簡単な告知をする必要がありますが、一定の条件を満たしていると加入が出来る場合もあります。一般的な商品に比べると、毎月の掛け金はやや割高になっています。なるべく健康なうちに加入をしておくのをお勧めします。数多くの保険会社が存在するので、口コミで評価の高い所がお勧めです。