サイトメニュー

加入しやすい会社を選ぶ

女性

告知なしで入れるところもある

これまでの一般的な保険の仕組みとしては加入前に健康状態や大きな手術の経験などを告知する必要があり、病気によっては保険に入れないこともありました。特徴としては、うつ病の症状がある人でも加入出来る引受緩和型が増えており、通院中であっても入院していなければ加入することが出来ます。告知が必要となる他のものと引受緩和型の違いを挙げると、料金がやや高い傾向にあったり保障される範囲が決まっていることです。条件付きになりますが、うつ病になったからといって他の病気や事故になった場合に保障がつくのとつかないのとでは、金銭的な負担が異なります。安心して生活を送るためにも、引受緩和型を活用して万が一の時に備えておくのが良いでしょう。すでに、入院をしてしまっているから加入を諦めているという人でも、無告知型なら健康状態を告知なしで加入することが可能です。無告知型の特徴としては引受緩和型よりもさらに料金が高くなりますが、死亡時にお金が入ってくるなどの保障を受けることが出来ます。保障に関しても年数の制限や条件がありますが家族を養っている人や、自分の身に何かあった時のお金を心配しなくて済むようになるので好評です。また、がん保険もうつ病患者に対応しているものが増えており、加入の時点でがんになっていなければ大丈夫なものが多く人気です。どのような保障になっているか知りたい場合は、保険会社のホームページで告知内容や保障内容を紹介しているので、加入前に検討することが出来ます。うつ病以外の既往症がある場合にも対応しているので、持病や通院歴のある人は加入すると便利です。

健康状態の告知が必要となる一般的な保険に加入出来ずにいたうつ病患者でも、入院していなければ加入が出来ることから引受緩和型保険が注目されています。現在の状態がうつ病でないにもかかわらず、過去に診断されたことがあるだけで保険に加入出来ないのでは生活に不安が出る人が多かったからです。また、うつ病の治療中でさらに他の病気になってしまうと手術代や入院代の支払いに困る人も多いため、存在を知ってもらうために引受緩和型を紹介するホームページが増えています。ファイナンシャルプランナーなどのライフプランニングのプロも、相談者に引受緩和型への加入を提案するなど知名度が上がっています。高齢になってからうつ病になってしまっても、引受緩和型は80代に対応しているものも多く加入出来るので安心です。コースも数種類揃えられているので、自分の希望に合ったプランが見つかりやすくなっています。特定の病気になった場合は保証しないという制度を採用しているところもありますが、それ以外の他の病気に備えられるのが利点です。複数の会社で引受緩和型の保険が増えているため、資料請求をして自分に合ったものを見比べてみると良いでしょう。家族がうつ病になってしまい、万が一の怪我や病気が心配という悩みにも対応出来ます。詳しい保障の内容について、電話で相談に応じていたりホームページで詳しく紹介しています。まずは、窓口で相談するなど条件が合っているか話してみる人も増えており、今後も引受緩和型に加入する人は増えていくでしょう。