サイトメニュー

いざという時のために

女性

窓口で詳しく相談出来る

現代病の1つであるうつ病は、これまでの一般的な保険には加入出来なくなってしまうのが大半でしたが、条件付きでうつ病であっても加入出来るものが増えています。入院中やよほどのひどい状態でなければ加入出来る引受緩和型や、毎月支払う料金は高めでも無告知で加入出来るものもあり人気です。特別条件付きで加入出来るものも増えており、医師の診断書で症状が軽いと判断されていれば引受となる場合もあります。業者のホームページや電話の案内などを利用して、条件などを確認してから申し込むと良いでしょう。料金を割り増しにすることが条件で加入出来るものもあり、業者によって採用している仕組みが異なります。加入するための条件や料金も業者によって幅があるため、インターネットを利用してプランを調べたり、直接窓口で相談すると自分に合うプランが見つかりやすくなるのでオススメです。ファイナンシャルプランナーに相談をして、無理なく加入出来るものを提案してもらう方法もあります。自分で資料請求をする場合には、インターネットのホームページや電話から取り寄せることが可能です。分からないことが多い場合は窓口に直接行けば詳しい説明を受けられ、同時に申し込みも出来ます。窓口に行く時間がなく忙しい場合は、医師の診断書などの必要な書類を揃えて、郵送で申し込みを完了する方法もあります。また、うつ病になってしまい就業困難になってしまった人でも、就業不能用の保険から生活費が出ることもあります。もし、病気になる前に就業不能用の保険に加入していた人は、自分が加入しているものがうつ病でも生活費が支払われる仕組みであるか確認しておくと良いでしょう。

特別な条件をつけて加入するものや引受緩和型など、うつ病でも加入出来る保険の種類はいくつかあります。加入するメリットは、うつ病以外の病気になった場合には入院費や手術代などが出るため、安心して治療に専念出来ることです。入院をしていなければ加入出来るものが多いため、毎月の支払い金額が予算に合っているものから選ぶことも可能です。万が一に備えてこれらの保険に加入しておいた方が、うつ病の治療期間中のストレスも軽減され心配が減らすことが出来ます。治療費が高くなりやすい病気としてがんが挙げられますが、うつ病であってもがん保険は加入出来るものが多いので入っておくと安心です。引受緩和型などのものは必要最低限のプランに加入して、がん保険は保障内容が充実したものに加入するなど料金を調整するのも良いでしょう。加入したいプランが見つからない場合には、先に審査に通りやすいがん保険にのみ加入して、後から他のプランを検討する方法もあります。すでに完治してから経過している年数によって条件付きで加入出来るプランもあるので、料金の負担が少ないものから検討していくと良いでしょう。また、保障内容は最低限のものになる代わりに申告なしで加入出来るものもあり、書類を揃えるのが困難である場合や治療年数が長い人には向いていると言えます。完治してから5年が経過すると一般のプランでも加入出来るものがあるため、それらのプランへの移行も検討しながらそのときに加入出来るプランに入っておく方法もあります。その場合、病気がすでに完治していることを証明するためには、医師の診断書を提出することになります。